グルメ・クッキング

期間限定の、、、

期間限定のせんべい

20190415_1123141

桜の塩漬け

砂糖でコーティング

20190415_1123541

早速、鈴のチェック

桜の香りがして、チョ1ッと甘い

軽いせんべい

| | コメント (0)

しわしわ林檎から

夫が実家に行ってきました。

土蔵の中には、林檎農家から貰った林檎が沢山あったそうです。

どれも時間が経ってしわしわになりそう。

その中から4こもってきました。

夫の気持ちも考えて、まず、夕べ、蜂蜜で煮林檎にしました。

今日、夕方、

たっぷり使ってパウンドケーキ。

おおきい。

20190219_1742091


林檎味

20190219_1746321


美味い。

二人には、とても多過ぎます。

明日、近所のお年寄りにお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュウマイ弁当

書道院の総会で関内まで出かけた帰りに、シュウマイ弁当を買ってかえりました。

20190211_2032441

昔ながらのを選び

20190211_2034241


夫作の かき卵汁が付いて、夜飯です。い

やっぱり弁当は、これに限ります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレゼント

ばばちゃーん、プレゼントだよ。

今年は、とても上手に飾りつけができています。

20181204_19392111_2

教会で作ったシナモンクッキーの家です。

硬いけど たまらなく美味しいです。

かわいくてたまらない孫です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

フンドーキン味噌

わあーーーー。

あったー。

20180923_1926381


フンドーキン味噌。

近くのスーパーにありました。

味噌汁、楽しみーーー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランチ

娘と待ち合わせをしてランチをしました。

20180913_1323041


20180913_1300531


盛り盛りでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金目鯛 頂きました

またもや大きな金目鯛を頂きました。

F1000074 大きいまな板を用意したのに、はみ出しそうでした。

新鮮ですから全く臭くありません。

調理したあとの流しを見て「鰭と内臓だけしか残ってない。」と、夫が言いましたが、大きいのでかなり苦労をして捌きました。

F1000075 熱湯をさっと掛けて、

F1000076 お刺身は、夫のリクエスト。

やっぱりお刺身が最高。

他にしゃぶしゃぶ、粗の煮漬けにしました。

御礼に行って帰りには、大きな三浦大根を頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かぼすポン酢つくりに挑戦

大分のかぼすでポン酢つくりに挑戦しました。

F1000056 沢山のかぼすを絞り果汁を集めました。

F1000058 醤油 味醂を煮立てて、少し冷ましてから鰹節と昆布を入れて一晩置いてゆっくり出しの出るのを待ちました。

綺麗に漉してから果汁も漉して合わせビンに詰めました。

お呪いに、焼酎と酒を加えました。

まだツンツンしています。

しばらく味見をしながら変わっていく様子を調べて、次回のレシピで完成に近づけていきたいと思います。

とりあえず今回のレシピは、

果汁   1000cc

醤油   1000cc

味醂   200cc

鰹節   60グラム

昆布   3グラム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年は青柚子こしょうで、、

昨年は柚子が熟れてから作りましたが今年は、青柚子で作りました。

F1000041_2 まず、青唐辛子は、夫の実家の群馬産を綺麗に洗ってよく水切りをして、乾かしてから割って、種の部分を包丁で綺麗に削ぎ落としました。

F1000043_2 昨年は、微塵切りで作りましたがとっても大変なので今年は、ミキサーで粉砕しました。

F1000045 柚子は、庭の青柚子を採ってきてよく洗い水をふき取ってから青い部分だけを削り取りました。

そして、同じくミキサーで粉砕しました。

F1000046_2 塩と杵築の焼酎を加えて、おまけに福島の酒やまぶきを、、、、まるみが出るかなー?

F1000047 完成です。

青柚子は薄く削ぎ取ることが出来て、今年はとても楽々に作ることが出来ました。

レシピ

青唐辛子     300グラム

青柚子皮     100グラム

モンゴル岩塩   40グラム

石垣の塩     40グラム

焼酎        大匙2

酒         大匙2 

暫らく冷蔵庫で寝かせながら味見をして整えていきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天空の茶室

65階には茶室がありました。

いろんな流派の先生が持ち回りで、運営しているということでした。

F1000021 8畳の床の間ですが、その日の担当の先生がお花も入れるということでした。

ヒオウギの葉っぱだけが入れてありました。

F1000022 4畳半 台目の茶室

F1000023 同室 お床と通い口

水引の花が空間を締めるている感じがします。   

足が痛く座れない方もいたので、立礼の点前で薄茶を一服いただきました。

お料理教室の先生は、表の先生ですからお茶までついて、いい経験をさせていただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)