« 胸が痛い | トップページ | 全員集合 »

9937  ハナイカダ   花筏

ちょこっとだけ歩こうと出かけたのと スーパーへ行ったのとで歩数は多かった。

でも、ゆるゆる歩いたので運動には なってないな。

一日動けば 家の中でもかなり歩いているのかもしれない。

如何しても 

花筏?が気になって写真を撮りたくて、、、

平戸川沿いに

Dsc_01892

花が咲いたということ

Dsc_01881

葉裏にあるものもあったが、、、、

葉っぱを船に見立てて、、、、と

不思議は植物だけど、、、、

ハナイカダと表記方がよい。

 

炉縁の蒔絵は、桜の花びらと木の筏

花筏とは、散りかかった桜の花とともに川を流れる筏、

その春の絢爛さを表現した蒔絵が光台寺にある。

吉野川の花筏を表現したものである。

吉野は古くから浄土と見立てられていたことから、花筏文様が浄土の象徴であるという見識もある。

 

納得。

解決。

|

« 胸が痛い | トップページ | 全員集合 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 胸が痛い | トップページ | 全員集合 »