« 花束 | トップページ | 鈴ちゃんと寝る »

私が泣いてないんだから、泣かないで

「ばばちゃん、電話。」と、おーちゃんがスマホを持て降りてきた。

こんな時間に、誰だろう?と、思いながら、、、。

「鈴ちゃん、ママー。」と、大泣きで、、、

「どうしたの?」と聞くと、「だってー、鈴こがー。」と、大泣きで、リク、バンちゃんママから。

「おかしいなー?ブログは教えてないし、どうしてわかったのかなー?」と思い、

つい先日、逢った時にも、

「鈴がいなくなっても、知らせないよ。鈴も私もそれなりの歳だから、静かにさよならするよ。」と、言ってあったはずなのに、、、、。

見てくれていたお友達から連絡があって知ったと、言うことだった。

「こんなに早くなんて思ってなかったから、もう少ししてから連絡しようと思ってたのにー。」

「鈴こ、抱きしめたいよー。」

「私が泣いてないんだから、泣かないで、当然のこと、来る時が来たんだから。」と、話しながら、、、。

 

私は、一人だけお婆ちゃんなのに、若いママたちから大事にされて、本当に感謝です。

鈴こも、全く世間知らずだったのを、楽しい一生に過ごせたことに感謝していること間違いなしです。

 

そしてこのブログは、完璧に、妹だけへ消息を知らせていると思っていた。

 

リク、バンちゃんママのお友達さん、くだらない内容ばかりだったのに、有り難うございました。

|

« 花束 | トップページ | 鈴ちゃんと寝る »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花束 | トップページ | 鈴ちゃんと寝る »