« 茶友と鎌倉浄明寺方面へ 一条恵観山荘 | トップページ | 茶友と鎌倉浄明寺へ 一条恵観山荘 »

茶友と鎌倉浄明寺方面へ 一条恵観山荘

建物の内装は、たいそうこだわりの思いが表されていました。

20180627_1121021

入ってすぐ見られた人形使いの絵が描かれた板戸。

20180627_1153391

当時の原画(型紙)が残る襖紙と「の」の字の手掛け。

20180627_1153271


反対側は「月」の字。

意味があったのですが忘れました。

20180627_1142541


一番奥の貴人の入る部屋の畳の縁。

幅が広く、模様も意味のあるもの。

20180627_1204271


一番奥の部屋にあった唯一の床の間。

最近、解読できたという消息文のお軸。

当時は紙が貴重品であったので、送信の間に返信が書かれているというものでした。

障子は石垣貼り?

他にも岩彩で描かれており、薄くなってしまった板戸2枚の絵

水屋、暖房のからくりなどたくさんの説明を受けました。

京の雅な寛永文化を知る事が出来ました。

|

« 茶友と鎌倉浄明寺方面へ 一条恵観山荘 | トップページ | 茶友と鎌倉浄明寺へ 一条恵観山荘 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173261/66878671

この記事へのトラックバック一覧です: 茶友と鎌倉浄明寺方面へ 一条恵観山荘:

« 茶友と鎌倉浄明寺方面へ 一条恵観山荘 | トップページ | 茶友と鎌倉浄明寺へ 一条恵観山荘 »