« 今年は青柚子こしょうで、、 | トップページ | かぼすポン酢つくりに挑戦 »

百聞は一見に如かず

念願が叶って11人でお家元を訪問してきました。

6日は、大徳寺をはじめお茶関係の美術館巡りとお茶会で楽しみました。

7日は、気を引き締めて10時にお家元に着きました。

先生がご挨拶を済ませてから お稽古では通れないという兜門から訪問させてくださいました。

まず、利休堂の前でご挨拶をしてから お茶を一服点てて頂きました。

お点前をしながら茶室の説明をしてくださいました。

話しながらも乱れない手の動き 美しさに感動しました。

お茶を頂いてから淡交の本で見たことのある茶室やお庭 井戸 大銀杏などを見ながら説明を受けました。

大きな敷地に大勢の方が居られるはずなのに、話し声 物音一つしません。

厳しい修行の場を感じました。

江戸時代に建てられ文化財になっている古い茶室は、それぞれに素晴らしいものでした。

写真では分からなかったことがしっかり分かりました。

「百聞は一見に如かず。」そのものでした。

帰りには、F1000054                  お土産を頂きました。

とてもよいお勉強を、させていただきました。

日ごろのお稽古をもっと大切に頑張りたいと思いました。                                 

|

« 今年は青柚子こしょうで、、 | トップページ | かぼすポン酢つくりに挑戦 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百聞は一見に如かず:

« 今年は青柚子こしょうで、、 | トップページ | かぼすポン酢つくりに挑戦 »