« 林檎は何処でとれる? | トップページ | 吹きガラスで薄器を »

耀光の宙」、秋元正治、作陶展

急遽、陶芸教室の先生の作陶展に銀座まで行ってきました。

F1000018 耀光の宙(ようこうのそら)、それはそれはすばらしい作品でした。

しばらく教室に行ってなかった間に、素晴らしい技術が確立していました。

葉書を受け取った時は、楽焼の鬼火が進化したのかな?と思いました。

実物は、何と陶器のランプシェードでした。

何処にも穴が開いていません。

中からの電気で長石が光っているのです。

こんなの今までに見たことありません。

多くの作家さん、興味関心のある方に見てもらえたらと思って帰りました。

|

« 林檎は何処でとれる? | トップページ | 吹きガラスで薄器を »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

目の保養、教養の秋を堪能されてきたのですネ♪
私も、しばらく作陶から離れているので、恋しくなりました。
秋は展示会などのお知らせも多く届くのですが、
なかなか出かける機会がありません。
でも、いいですよねぇ~
また、土捏ねしたくなりますネ♪
 

投稿: orenge | 2010年10月20日 (水) 00時07分

こんばんは♪
昨日は銀座にお出かけだったのですね。
多趣味な鈴ちゃんママ・・・色んな知識をお持ちですね~。

明日の朝ですが、予定のある方々が多いのでメンバーが
あつまりません。
また次回にしてもらってもいいですか?

投稿: rikkinger | 2010年10月20日 (水) 19時21分

orengeさん
しばらくやすんでいたんですよー。
でも、楽焼の面白さは忘れられません。
また始めることになりました。
酸化焼成は、舞岡でやっています。
穴窯は砥部にあります。
斑唐津の青が出ていました。
大きな驚きでした。
年金暮らしは、先立つものが大変ですが首を絞めない程度にと思います。

投稿: 鼓太郎 | 2010年10月20日 (水) 21時11分

rikkingerさん
子供とおんなじで泥んこ遊びは楽しいですよ。
明日は、お構いなしデース。
また次回に。
今日はお稽古で唱和の式というのを教えていただいたのですが最後に生けたお花を題にして和歌を作ったのです。
しかし、盗作?偽作????でおかしくてみんなで大笑いをしながら過ごしました。
いつもは緊張したお稽古ですが今日は大笑いがありました。

投稿: 鼓太郎 | 2010年10月20日 (水) 21時25分

えーー、御隠居さんへ。

先日は、わざわざの起こしありがとうございました。
御注文の土の御用意ができました。
御隠居様には、五年物の土を支度いたしましたので、
是非、お越しください。
5日の金曜日はいかがでしょうか。

御隠居の共さんと御一緒に、 お待ちしております。
せんえつながら、道案内をさせていただきます。

我利

投稿: | 2010年10月31日 (日) 16時38分

我利さん
今日は楽しいひと時を有難うございました。
釉薬の調合も焼成法も確立していて驚きました。
久しぶりに土のひんやりした感触は快感でした。
じっくりいい作品を作りたいと思いました。
また二人で行きます。

投稿: 鼓太郎 | 2010年11月 8日 (月) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耀光の宙」、秋元正治、作陶展:

« 林檎は何処でとれる? | トップページ | 吹きガラスで薄器を »