« 百合根饅頭 | トップページ | わさびなサラダ »

ドラゴンフルーツ寒天羹

昨夜、久しぶりにコップ半分のお酒を飲んだら眠くてストーブの前で1時間ほど眠ってしまいました。
さあ大変、今度は目がさえて眠たくありません。
仕方がないので、何か作ることにしました。
冷凍室に、11月に作ったドラゴンフルーツの煮たのがありました。
簡単に作れる寒天羹をつくることにしました。F1010136


冷凍のまま量ったら250グラムありました。

寒天4グラムを600CCの水で溶かし、火にかけ透明になったところに、凍ったままのドラゴンフルーツをいれました。
暫く煮てから砂糖(花見糖)100グラムを加えてひとにたちして火を止める。
流し箱にいれる。F1010137


ドラゴンフルーツはペクチンが多いのかどろっとしているので寒天を多めの水で溶かしました。
F1010138


正解、ちょうどいい硬さに仕上がりました。


|

« 百合根饅頭 | トップページ | わさびなサラダ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪
真冬真っ只中の1月に、南国のドラゴンフルーツが
頂けるなんて凄い事です。
煮て、冷凍するという手段があったんですね♪
希少価値を感じる寒天羹です。
↓記事の百合根饅頭も美味しそう~。

投稿: rikkinger | 2010年2月 1日 (月) 00時08分

rikkingerさん
皮まで使うこと発見してしまったのがよかったです。
私のやることですからレシピがなかなかできません。
メモがないと作り方を忘れてしまう最近ですから、メモとすれば季節が変わっても楽だなと思っています。

投稿: 鼓太郎 | 2010年2月 1日 (月) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴンフルーツ寒天羹:

« 百合根饅頭 | トップページ | わさびなサラダ »