« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

ドラゴンフルーツ寒天羹

昨夜、久しぶりにコップ半分のお酒を飲んだら眠くてストーブの前で1時間ほど眠ってしまいました。
さあ大変、今度は目がさえて眠たくありません。
仕方がないので、何か作ることにしました。
冷凍室に、11月に作ったドラゴンフルーツの煮たのがありました。
簡単に作れる寒天羹をつくることにしました。F1010136


冷凍のまま量ったら250グラムありました。

寒天4グラムを600CCの水で溶かし、火にかけ透明になったところに、凍ったままのドラゴンフルーツをいれました。
暫く煮てから砂糖(花見糖)100グラムを加えてひとにたちして火を止める。
流し箱にいれる。F1010137


ドラゴンフルーツはペクチンが多いのかどろっとしているので寒天を多めの水で溶かしました。
F1010138


正解、ちょうどいい硬さに仕上がりました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

百合根饅頭

暮れに5個百合根を買ってあったのを使わずにいました。
気にはなっていましたが、とうとう芽が出始めました
もう限界ですから百合根饅頭をつくりました。

F1000094_2
分量は相変わらずいい加減です。
作り方
1餅を作る、
・百合根を剥がし、汚い部分を取りよく洗い蒸す。
・つなぎにする山芋をを摩り下ろす
・熱いうちに百合根をよくつぶす。
・薄塩をして,卵白をくわえよく練り合わせる。
2、餡を作る
・鶏挽肉(モモ肉、ムネ肉同量)に薄塩をして、軟らかく仕上げるためのパン粉を混ぜてよく練る。
・銀杏、蓮根をみじん切りにして混ぜる。
3、包む
・餅を好みの大きさに分け、伸ばして餡を包む
 (きれいにするには、器にラップを敷いて入れ、口は結んでおく、、、これはやってない。)
4、蒸す
5、盛り付ける
・ミズナの芯のほうの小さい部分を敷き、熱い汁をはる。
・定番の海老は使わず、練りうにを乗せてみました。

器は手作りの楽焼、、、黒と白のつりあいに満足。

息子は美味しいと2個食べました。

家庭料理はいつも分量がいい加減。
いつも味が多少違っている。
だから飽きない。
そこが家庭料理のいい加減なのではないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春見っけ

前の空き地に、まだ小さい春を見つけました。

まだ、摘み草にはなりません。

しっかり春の香りがしていました。

<

F1010131_3

気をよくして庭の春を探してみました。

バイもがたくさん芽を出していました。

まだまだ小さいです。

たくさん咲いてくれることを期待しています。

F1010132_3

「そうだ。」と見に行きました。

日陰に植えてあるので、逞しくはありませんがクリスマスローズの花芽も上がっていました。

古い古い株ですから原種に近い花です。

近々に開いてくれるようです。

<

今日は、明るい穏やかな日差しです。

窓越しは暑い感じです。

植物は敏感に春を感じているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

素朴な味だねー

これは何の実かわかりますか?

F1010135

実際は1,5センチほどです。

     *

     *

はい、これは、椎の実です。

昨日、お習字の新年会を我が家で行いました。

先生が大分県宇佐市出身です。

年齢も近いので炒りました。

「わーっ、懐かしい!」

「生で食べたわー。」

「素朴で美味しいわー。」

と、しっかり懐かしかったようです。

私も懐かしいものでした。

いつ炒ろうかなと思いながら時々見ていましたが、ちょうどいいチャンスの日でした。

去年秋に帰省した折、母から「ほら、拾っておいたよ。」と貰いました。

帰省すると聞くと、何か珍しいものはないかと目も耳も働かせるようです。

椎の実なんてわすれていましたから驚きでした。

いくつになっても親は親、子は子なんです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ばばちゃんの独り言

F1000090

Oちゃんが今日28日、満1歳になりました。

1年間は、どんどん変わっていくので嬉しく楽しいことをたくさん味あわせてもらいました。

ずいぶん変わりました。

もう赤ちゃんではありません。

これからは、自分の考え意思を広げて成長していかなくてはなりません。

だんだんに厳しい社会に適応していかなくてはなりません。

生きる力をつけていかなくてはなりません。

腕白でもいいから、何かをするときは、「これでいいのかな?」と、ちょっと立ち止まって考え、行動することのできる子に育ってほしいと願います。

Oちゃんの成長を楽しみにしていますが、20年後の社会はどうなっているのでしょう?

今現在でも厳しいことの多い社会ですから心配です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

鳥取から

鳥取のお土産F1010129_2   

因幡の白兎

白餡のかわいいウサギのお菓子です。

かわいくて食べるのがもったいないくらいでした。

F1010128_3

箱は大黒様の顔。

私の幼かった日、祖母と一緒に寝て、毎晩因幡の白兎、一寸法師などを歌ってもらったりたくさんの昔話をしてもらったりしたのを思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柚子コンフィチュールならぬジャム

柚子茶を作ったのですがジュースとして飲んでしまって、実の部分が残っていました。 F1000085 蜂蜜をたっぷりすった汁もあるのでコンフィチュールを、作ろうと思いつきました。 白い綿の部分もついているし、下湯でもしてないので少々苦味が残るのではないかと心配はありました。

とりあえず煮てみることにしました。 F1000087 汁が出てきたので、灰汁を取りながらしばらく煮ました。 実がくずれ、いい加減に汁も出てきました。 蜂蜜を足してからちょっと煮て仕上がりにしました。 F1000089 汁もたっぷりあるし、いい具合のコンフィチュールのように思いました。 しかし、冷めてみるとコンフィチュールならぬ柚子ジャムになりました。 まあ、甘み、苦味のあるおいしいジャムに仕上がったというところです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

蕪蒸し

今朝、散歩の帰りに農家の無人販売で、大きな聖護院大根を買いました。 四分の一を使って蕪蒸しを作りました。 F1000084 餡には貝柱、銀杏、昆布、海老の有り合わせを使いました。 いろどりは、定番の青菜と海老+麩を使いました。 蕪が大きかったので、大きな椀だねができました。 見掛けが悪いのですが、副菜なので我慢してもらいました。 昼間は暖かかったので、暖房の木炭を切ってもらいました。 F1000082 今までは自分で鋸で切っていました。 夫はグラインダーで切るのであっという間に終わりました。 でも、粉が多く出るのと埃がすごいので、傍には近寄れませんでした。 そして夕方、鈴の散歩の途中で、白梅を見つけました。 F1000083 まだ、パラパラとしか開いていませんでした。 天気予報では寒い一日ということでしたが、太陽が出てるとポカポカしていい気持ちでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅梅

川沿いに紅梅が咲きました。

一昨日の散歩のときは咲いていませんでした。

F1010126 昨日、今日ととっても暖かく19度近くも気温があがったからでしょう。

5分咲きぐらいでしょうか。

遠くから見ても木がピンクに見ええました。

近づく春がうれしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

柚子柿試作

また悪戯をしました。

柚子巻き柿なんていう高級品があるので、できるかどうか試してみたくなりました。

F1000075 柿を開いて、たたく。

不ぞろいな形をしています。

厚みもあります。

F1000076 柚子の皮を薄くへいでのせる。

F1000077 上に1枚載せてはさむ。

消毒のため焼酎を吹き付ける。

ラップをゆるめにして、押さえて伸ばすと形が整う。

これを3枚作って、全部重ねてラップで包む。

上から重石をかけると、なじみあって広がってくる。

さらになじませるために、冷蔵庫で休眠中です。

F1000079 干し柿を刻んでラム酒に漬け生地に混ぜて、パウンドケーキを作りました。

ホットケーキミックスをつかったので、クリームチーズを

加えました。

しっとりして手抜きとは思えません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レンコンモチ

蓮根が安く売っていました。

久しぶりにレンコンモチを作りました。

F1000071_2                         

蓮根の皮をむきすりおろす。

とろろ芋、全卵、くず粉を加えてまとめる。

飾りに薄切り蓮根を貼り付ける。

蒸かすのは面倒なので、揚げました。

F1000074 油抜きをして海老、ミズナ、針ネギを添え銀餡をかけました。

蓮根の食感とはまったく違ってしまいます。

お吸い物にしても楽しめます。

F1000072 芝海老を買って来ました。

お安いのに美味しいので見たら買ってきます。

頭は調理中は手に刺さったり食べるときは口に刺さったりするので、頭を落としてから使います。

残りの蓮根、サツマイイモ、冷凍してあったイカで天ぷらを作りました。

天ぷらは、何も考えずにできお手軽料理です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

柿羊羹試作

柿羊羹、試作をしてみました。

いつも目分量ですが今回は、レシピ開発のために細やかに量って作ってみました。

材料は、粉寒天、砂糖、漉し餡、干し柿です。

F1000063 F1000070

こってり練り上げて、出来上がりは上々でしたが、柿をいれすぎて、柿の香りが強すぎました。

ほのかに香りがある感じに仕上げるには、柿はほんの少し入れればよいようです。

柿の分量を見つけるまで、レシピとして公表は、まだ無理です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

干し柿完成

柿羊羹が作りたくて、11月のはじめに,お友達から50個の渋柿をもらいました。

干し過ぎたのですが、今日取り込みました。

F1000058 よく乾燥してかなり硬くなっていました。

カビもなく仕上がっていましたが、1月になってから急に乾燥したようです。F1000059 食べてみました。

しっかり甘くなっていましたがやっぱりかなり硬い仕上がりでした。

これを使って、料理に挑戦です。

そういえば、昔々干し柿を買ってブランデーに漬けて食べたことがありました。

香りがよくて軟らかくて、たくさん食べました。

これから長い間夢見てきた柿羊羹に挑戦です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テオちゃんから

まず、テオちゃん1歳おめでとう。

素敵なアルバムありがと。

先日NHKで動物の虐待について、内容の予告をしていました。

あまりにもすごかったので本番は怖くて見ませんでした。

我が家の鈴だって狭いゲージの中で、子供を生む道具にされていました。

どんなに大変な生活だったか?聞いても教えてくれないので分かりません。

でも、引き取ったときの状況から察すると、ゲージの中からは出たことなかったのでしょう。

後ろ足はO脚になっており、お腹はより垢がこびり付き尻尾は鉛筆みたいになっていました。

音に怯え、鳴くこともできませんでした。

不信感の強い目で私たちを見ていました。

この状況が改善されるまでに2年間ほどかかりました。

りっキーちゃんに出会ってグランドのお友達の中に入るようになって、幸せなワンコちゃんたちと交わるうちに心が開かれてきました。

ワンコママたちの優しさをたくさんもらって、今では、過去のことはすっかり忘れてしまったようで、不信感の目つきもほとんどなくなってきたと思われます。

ワンコママたちのもってるおやつも進んでもらいにいけるようになっています。

お友達に意思表示までするようになって来ました。

鈴の変化の過程で、小さな変化がうれしかったことが思い出されます。

そして今は、みすぼらしさもなくなってきて、我が家の女王のような気がします。

さて、幸せなワンコちゃんの集まるグランドの様子は、りっキーちゃんママのブログで紹介されています。

そんな幸せなワンコちゃんのテオちゃんが1歳になりました。

F1010124_2

テオちゃんのかわいい顔は、赤ちゃんのときから変わらないように思います。

元気いっぱいの男の子ですが、行動はやっぱり落ち着いてきて、社会性も出てきているように思います。

「腕白でもいい。」 丸大ハムの宣伝を思い出すようなかわいさあふれる子ですから、ママからすると、かわいすぎてお誕生日の幸せをkitkatしたんですね。

かわいいテオちゃんのアルバム素敵です。

いっぱいの愛の中で、すくすくと成長してるテオちゃんおめでとう。

これからも、みんな元気で楽しく遊びましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふと思ったこと

日航再建にむけてのニュースが気にかかります。

F1000013 大分に帰るとき、羽田でロビーから撮ったものです。

チケットを買いにいくと指定しなければ、自然にJALの航空券が手配されました。

昨年(2009、11)では。

今はどうなんでしょう?

旅行会社とJALで何か提携でもあったのでしょうか?

今夜も天下り、渡りの問題についてみのもんたの番組がありました。

官僚ってすごい何度も退職金をもらえたんですね。

それは、私たちの税金からだったんですって。

身を削る思いをして払った税金を、よくももらえたことです。

感覚が麻痺すると悪いこととは思わなくなるんですね。

JALも、天下り先だったのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目が離せない

お正月は、慌しくてゆっくり遊べなかったのですが7日は朝から夜まで遊んでいきました。

這い這いの早いこと早いこと。

油断していると、とんでもない所へ行っています。

F1000056_2

玄関にいた私を追いかけてきました。

来たなと思って、携帯を取り上げて振り返ったらこんな状態になっていました。

慌てて証拠写真を取り、娘を呼びました。

F1000057_2

立ち上がって嬉しそうにしながら次の悪戯をさがしているようです。

本当に目が離せません。

痛いこと怖いことも体験させなくてはいけないけど、ほどほどにしなくてはなりません。

子育てには油断が出来ないということがよく分かります。

F1000052_17 摑まり立ちが安定してきました。

片手で物をつかんだり鈴に悪戯したりして喜んでいます。

F1000053_12

ベンチの背もたれの間から覗いて、バーを繰り返して遊びます。

遊んであげているのか?

遊ばれているのか?

繰り返しているうちに分けが分からなくなります。

F1000054_3

とっても満足すると、大きな声でキャッキャと笑って体全体で嬉しさを表現します。

指差しをして、高いところにある玩具の方や外へ連れて行けと意思表示をします。

要求が通らないと怒ります。

そしてまた、内弁慶外すぼりが始まってきました。

今が1番可愛いときなのでしょう。

働いてた私は、こんな可愛いときの子育てがあまり思い出せません。

続きを読む "目が離せない"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

私が主役

リッキーちゃんママがグランドのお友達みんなに、DVDをつくってくれました。

F1000049_5

リンが主役のDVDとラベルです。

ムービーは追いかけられて走って様子がよくわかって夫は大喜びでした。

「え、え、えーっ。」とビックリしたいました。

1年間分の写真は、同じ場所で、同じお友達との様子であるにもかかわらず、表情がとっも活き活きとしていて素敵でした。

夫はカードに入れてホトフレームでいつも流れているようにしてくれました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

散歩

4日月曜日。

今日から夫は仕事に行きました。

正月の間中、会社のソフトを開発していました。

第2の仕事が楽しくてたまらないそうです。

鈴と一緒にいつもの生活ペースに戻って散歩に出かけました。

        F1000040_2

 

       F1000041_2

今日の公園は誰も遊んでいませんでした。

少し寒かったからでしょうか?

仕事が始まったからでしょうか?

      豆ニュース

ど根性野菜

F1000047 F1000048

庭で育ったブロッコリーは、コーヒーかすだけで育っています。

こぼれ種から育っているカツオ菜はコンクリートの隙間で育っています。

畑のものより生育が良いのはどうしてでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

あたたかい

  • F1010113_3

2日はとっても暖かでした 。

窓越しに日が差し込んで、鈴はトロトロ眠ってばかりでした。

F1010112_7

10時ごろ、いつも遊ぶ公園の方に行ってみました。

外も暖かいので子どもたちが大勢遊んでいました。

歩道をゆっくり歩いて、あっちチョンチョンこっちチョンチョンして、一回りして帰りました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新年

F1000039_2

新年おめでとうございます。

また歳を重ねました。

気張らず緩々と綴っていきたいと思います。

拙い綴りを見てくださっている皆様方、今年もよろしくお願いします。

F1000029

わがままになってしまった鈴です。

おやつと抱っこの要求ばかりで、ちょっと困ってきました。

今年も元気に、お友達と楽しんで欲しいと思います。

F1000034_2

御節はすぐ飽きるので、今年は作りませんでした。

栗きんとんと伊達巻はリクエストがあったのでつくり、あとはお惣菜という感じででした。

F1000035

30日に6キロの餅つきをしました。

我が家の雑煮です。

餅太りが心配です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »